「ほっ」と。キャンペーン
通潤橋
在庫発掘シリーズ。
去年の5月の連休。
d0032258_06333409.jpg
OLYMPUS EM-5 M.ZD12-50mmF3.5-6.3

通潤橋は江戸時代に建造された熊本の山深くにある石造りの水路橋。
農閑期にはこのように観光用の放水が行われます。

d0032258_06333447.jpg
OLYMPUS EM-5 M.ZD12-50mmF3.5-6.3

放水目当てに多くの観光客が集まってきます。
一言で言うとド迫力です。一見の価値ありです。

d0032258_06333484.jpg
OLYMPUS EM-5 M.ZD12-50mmF3.5-6.3

橋も放水も凄いのですが、この橋の由来と工法を知るとさらに驚きます。

江戸時代、水源に乏しい台地に谷をまたいで用水を通すために、
地元の総庄屋が中心になって資金・石工・農民を結集し建造されました。

アーチ状の木の枠を作り、その上に石を積み重ねて、最後に木枠を取り除きます。
積み重なった石は重力だけで支えられているのです。
すごいですね。






[PR]
by kojiro-net | 2015-05-20 06:51 | 構造物
<< 朝倉三連水車 雲仙 >>