カテゴリ:星( 5 )
島原半島(2)・北斗七星
連休の写真が多すぎて、全く整理が追いつかない・・・
とりあえず、ネタで。


d0032258_4523833.jpg

OLYMPUS EM-5 M.ZD12mmF2.0
橘湾から望む北斗七星と北極星。絞りF2.2,ISO800。
さすが九州は北斗七星が低い。

実は程度の良いお安めの中古を見つけて、ZD12mm2.0もひそかにゲットしてしまっていたのだった。。。
このレンズ、さすがの写り。解放でも星が点に写る。逆に明るい星でも目立たない。
天体写真屋がソフトフィルターを使うというのもうなずける(昔はそんなのありえなかった)
OM-Dのノイズ耐性はかつての4/3の残念さと比べると、感動的に素晴らしい。これなら1600でも使えるかな。

実はこのブログ、検索エンジンで一番多いのは「星」「北斗七星」だったりする。
[PR]
by kojiro-net | 2012-05-08 04:57 |
カノープス
カノープスは、りゅこつ座のα星。α星とは、その星座でもっとも明るい星のこと。
しかもカノープスは大犬座のシリウスに次いで、2番目に明るい(-0.7等級)

d0032258_5534828.jpg

1979年冬 カメラ、レンズ不詳 フジクロームRD100

カノープスは冬の空のオリオンとおおいぬ座のはるか南にあるため。東京では、南中時でもわずか高度2度にしかならない。太陽の直径が1/2度なので、水平線ぎりぎりである。
中国では、「南極老人星」と呼び、一目見ると長生きできるとの言い伝えがあるとか。

この写真は奈良県の中部、大宇陀町で撮影。
山の端に突然明るい星があわられて驚いた記憶がある。
自分でもいまのところ最初で最後のカノープス。

ウィキペディアによる解説
[PR]
by kojiro-net | 2006-06-05 06:12 |
北斗七星とカシオペア座
発掘星シリーズ。残りわずか。

d0032258_10425794.jpg

アサヒペンタックスSV タクマー50mmF1.8
北斗七星は銀河と反対方向にあるので、写真でも7星がよくわかる。
標準レンズでも、いくつかの小宇宙が見える。


d0032258_1043750.jpg

アサヒペンタックスSV タクマー50mmF1.8
カシオペア座は、天の川の中にあるので写真にすると星に埋もれてWがわかりにくい。
星の良く見える場所で肉眼で見ても、星が見えすぎて同様。
赤い散光星雲があちこちに写っている。
[PR]
by kojiro-net | 2006-06-03 10:56 |
冬の星たち
1979年ごろ撮影の冬の星座。

リバーサルで星野写真を撮ると、フィルムによって背景の空の色が微妙に異なる。
当時の旧フジクロームは青系、RDとエクタクロームは緑系。

デジタルにすると簡単に補正できるので便利。
USMで解像感も向上。赤を持ち上げて散光星雲もはっきり。
技術の進歩はすごい・・・

d0032258_722857.jpg

カメラレンズ不詳 エクタクローム200

たぶん100mmか135mmの中望遠。
おおいく座のシリウス(右下)の近くにある、鳥が羽を広げたように見える散光星雲。


d0032258_724210.jpg

キャノンFTb ED28mmF2.8 エクタクローム200
冬の大三角と天の川。
冬の天の川は、雲のような夏の天の川と違ってうすぼんやりと緩やかに流れる。
当時、先輩や友人にカメラを借りまくって撮っていました(^^;

あこがれのレンズだったのはFDの24,55,85のアスフェリカル三兄弟とフローライトの328。
当時の夢をようやくほぼ達成(^^

d0032258_725194.jpg

アサヒペンタックスSV タクマー50mmF1.8 さくらクローム100

オリジナルは背景がかなり緑カブリしていたが補正。
ずいぶんとイイ感じになりました。
オリオン座の左にある赤い星雲はバラ星雲。
M78星雲も写っているのですが、めちゃしょぼい星雲です(^^
[PR]
by kojiro-net | 2006-06-02 07:19 |
散光星雲
完全なねた切れのため、発掘シリーズ。

昔々、天体写真を撮っていました。
当時天文雑誌に投稿したりして、結構がんばっていたのです。
普通の写真は全くといっていいほど撮っていませんでした。

d0032258_6165036.jpg

ミノルタSR-1 ロッコール55mmF1.8 103aE+R64フィルター イーグルF4 露出30分 手動ガイド

白鳥座付近。1977年の作。初めて雑誌に掲載された。
めちゃめちゃうれしかったことを覚えている。

d0032258_61656100.jpg

アサヒペンタックスSV タクマー50mmF1.8 103aE+R64フィルター イーグルF5 露出30分 手動ガイド


オリオン座。
1978年。103aというフィルムは相反則不規の少ないコダックの天体用のモノクロフィルム。
Eというのは654nmのHα水素輝線に最大感度を合わせたタイプで、濃赤のR64フィルターと組み合わせることで、銀河周辺のガス星雲がよく映る。

最近のデジタル一眼は、赤外カットフィルターのせいで、こういった星雲がほとんど写らない。
EOS20Daは、そのために赤外カットフィルターを外した製品。
[PR]
by kojiro-net | 2006-05-29 06:33 |