波照間島の旅 with ホロゴン(5)塀
波照間の家の塀。

d0032258_17392816.jpg
α7S Hologon T* 8/16
割と新しい旅館の塀。
波照間ではこのような珊瑚礁の堆積物のような、軽石のような、小さな穴が沢山空いた石を多く見かける。

d0032258_17392871.jpg
α7S Hologon T* 8/16
この建物も割と新しい。
この塀は普通のコンクリートブロックだろうか。


d0032258_17392803.jpg
α7S Hologon T* 8/16
島への純粋な想いが描かれた学校の塀。

d0032258_17392867.jpg
α7S Hologon T* 8/16
年期の入った塀。
波照間には「真っ白」なものは貝殻と灰と骨しかない。
熱帯の空気があらゆるものに有機的な無彩色を植え付ける。
都会の新築マンションの中ではそれは「黒カビ」と呼ばれるが、波照間ではそれがありのままの姿。


d0032258_17392728.jpg
α7S Hologon T* 8/16

「ぶどぅまれー」
「止まれ」の沖縄方言かと思ったらお店の名前だった。日本最南端のおでん屋らしい。






[PR]
by kojiro-net | 2014-08-10 17:51
<< 波照間島の旅 with ホロゴ... 波照間島の旅 with ホロゴ... >>