波照間島の旅 with ホロゴン(7)商い
人口500人の小さな島だが、商いの息吹は活発。
d0032258_05062855.jpg
α7S Hologon T* 8/16
知る人ぞ知る幻の泡盛、「泡波」の酒造所。生産量が少ないらしく島ではどこでも売り切れだった。
石垣空港で100ml入りの瓶を600円で売っていた。


d0032258_05062856.jpg
α7S Hologon T* 8/16
島内で1,2を争うと思われるキレイな宿。


d0032258_05062846.jpg
α7S Hologon T* 8/16
みやげ物店。この時は閉まっていた。

d0032258_05062827.jpg
α7S Hologon T* 8/16

食堂。ここで八重山そばを食べた。コシのないぼそぼそした麺とソーキが島の空気にはとても合う。
d0032258_05062894.jpg
α7S Hologon T* 8/16

「あとふそこ」の店内。島の時間が流れる。


[PR]
by kojiro-net | 2014-08-15 07:05
<< 波照間島の旅 with ホロゴ... 波照間島の旅 with ホロゴ... >>